こんな工場で作ってます。

初めましてスタッフの横内です。

ようやくブログ開設できました。これからNOTOHIBAKARAシリーズの情報やのと里山の情報を

発信していきま~す。

まず、今回は工場紹介です。

位置は金沢と輪島のちょうど中間ぐらいに位置する志賀町というところの能登中核工業団地内に

あり、近くには北陸電力志賀原発があります。

工場内の入口

道路側です…..

工場の事務所です。

NOTOTHIBAKARAエッセンシャルウォーターと能登ヒバから生まれたウサギです(笑)。

簡単に能登ヒバを紹介します。

「能登ヒバ」(ヒノキ科アスナロ属アスナロ)は、石川県能登地方(輪島市、穴水町など)に分布する針葉樹です。能登ヒバは、石川県の方言では“アテ”と呼び、県木として親しまれています。ヒバは” ヒノキチオール”という天然成分を多く含み、消臭、除菌効果があり、湿気に強く、非常に腐りにくい優れた耐久性から、輪島漆器の木地や、金沢の小羽根などに使われ、外国ではカヌーやオール等にも使われています。

NOTOTHIBAKARAエッセンシャルウォーターは能登ヒバから抽出した天然成分100%蒸留水です。

是非一度使って見てください。

宜しくお願い致します。